透明/白PET貼り加工

PET貼り加工とは?

PET貼り加工とは、ポリエステル(PET)フィルムに接着剤を塗布し熱風乾燥した後、紙とフィルムを熱圧着して貼り合わせる加工方法です。

特徴

PET素材の丈夫さに加え、最後にラミネート加工を施す為、摩擦で生じる色の汚れを防ぎ、耐水性、耐湿性にも優れています。またポリプロピレン(PP)フィルムより厚く強度がありますが、PET素材による透き通るような透明感と、白インク印刷による抜群の発色感も兼ね備えています。

用途

透明の素材で印刷することもできるため、クリアケースとして使われていることが多い素材です。一般的な板紙よりは少しコストが高くなりますが、化粧品や日用雑貨のパッケージなど多彩な分野で使用されています。また、ノベルティグッズとして、社名入りのロゴシールにもよく使用されています。

加工方法

透明のり付きシートに出力した印刷物を、カットしたPETフィルムに圧着し貼り付けます。圧着に専用のローラーを使用する為、ヨレや空気が入りません。また、カット専用の機械(プロッター)を使用することで、不規則な形のものでも素早く綺麗にカットすることができます。

サイズ

厚みは0.2mm〜0.4mmまであり、サイズは最大800mm×1100mmまでご用意しております。

厚み最大サイズ
0.2mm800mm×1100mm
0.25mm800mm×1100mm
0.3mm800mm×1100mm
0.4mm800mm×1100mm
PET基本サイズ

※上記サイズ意外をご希望の場合は、一度ご相談ください。